野菜ジュースをはじめ、サプリメントなどの健康食品を扱うミリオンの製品です。有名雑誌でも多数掲載。シリーズ累計では2200万本を売り上げる人気の野菜ジュースです。

詳しい特徴や口コミ、当サイトの独自評価を見ていきましょう。

ミリオン緑黄色野菜ジュースの特徴

ミリオンの公式サイト

  • にんじんベースで、トマト不使用
  • 温野菜ピューレ製法を採用
  • 糖分、ビタミンの添加あり
  • 保存料、着色料、香料無添加

野菜ジュースでは数の少ない、にんじんベース。トマトは使っていないので、トマトが苦手な人に、特におすすめです。

使用されている野菜は13種類。煮込んでしっかり加熱した野菜を使用し、ピューレにする独特な製法を採用しているのが特徴です。加熱に弱い栄養は、その過程で失われていますが、しっかり煮込んでいる分、吸収されやすくなっている栄養素もあります。

公式サイトはこちら

実際に飲んだ感想・評価

ドロドロで物凄く濃厚です。人参ベースで、トマト不使用。そのうえ、砂糖が加えられているので、かなり甘いです。

野菜ジュースとしては、ちょっと甘過ぎるうえ、濃度も高いので、最後まで飲むのが辛く感じる場合も。

ひとくちだけなら、甘くて美味しい!なのですが…、毎日飲むことを考えると、飽きてしまいそうな味です。

ミリオン緑黄色野菜ジュースのポイント

1缶に使用されている野菜の量が多い

ミリオンの緑黄色野菜は、1缶に350g分もの野菜が使われています。これは、厚生労働省が1日分の推奨摂取量としている分量です。

もちろん、野菜と野菜ジュースとでは、摂れる栄養の量としてはイコールではありません。

しかし、多くの野菜が使われているということは、それだけ中身が充実しているということは確かです。

使用している野菜

  • にんじん
  • セロリ
  • ピーマン
  • キャベツ
  • レタス
  • クレソン
  • 明日葉
  • ほうれん草
  • カリフラワー
  • アスパラガス
  • パセリ
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー

緑黄色野菜だけでなく、淡色野菜も数多く使用されているのが特徴です。

栄養の濃さなら断然緑黄色野菜なので、淡色野菜が入る分、薄まっていると捉えるか、栄養のバランスが良くなると捉えるかで、好みが別れるところです。

トマト不使用

ミリオンの緑黄色野菜には、トマトが使用されていません。本格タイプの野菜ジュースは、まずトマトが使用されているので、これは大きな特徴です。

トマトが苦手な人にとっては、魅力的なポイント。逆に、トマトが大丈夫な人にとっては、トマトの栄養や、リコピンなどのカロテノイドが摂取できないというデメリットになります。

温野菜ピューレ製法

多くのメーカーが、RO濃縮などで、フレッシュ感を大切にしている中、ミリオンの緑黄色野菜は温野菜にこだわっています。

しっかり加熱することで、野菜に含まれるβーカロテンの吸収率を高めたり、身体を冷やさないといったメリットがあります。その反面、熱に弱い栄養素は失われてしまうのが、デメリットです。

その代わりに、ビタミンCやB群を、後から添加することで補っています。

こんな人にオススメ!

  • トマトの味が苦手
  • 添加物ありでも、美味しく飲みやすいものが良い

ミリオン緑黄色野菜ジュースに寄せられた口コミ評価

評価:
20代女性

トマトが使われていないということを知り、飛びついたのが、ミリオンの緑黄色野菜ジュースでした。

にんじんの甘さが強いので、わざわざ糖分を加える必要ないのになあ。とは思うものの、凄く美味しいので続けています。

評価:
30代女性

にんじんのやさしい甘さを感じる、美味しい野菜ジュースです。野菜100%だと、酸味や青臭さが鼻について飲みづらいと感じるものが多いですが、ミリオンのは凄くまろやかで飲みやすいです。

いくら栄養が高くても、マズイと感じてしまうものを、毎日飲むのはツライので、これからも愛飲しているつもりです。

口コミの投稿はこちらから
現在募集を一時中止しております。

当サイトの評価まとめ

本格的な野菜ジュースなのですが、ちょっと特殊なので、人によって合う合わないがあります。

特徴としては、トマト不使用。温野菜を使用。そして、加糖で味の調整が行われている。の3点です。それぞれ、メリット・デメリットがある(上述)ので、それを理解した上で、購入を決めるようにしましょう。

公式サイトはこちら