野菜ジュースを飲むのに、効果的なタイミングってあるの?

栄養の補助という意味では、いつ飲んでも問題ありません。ただ、ダイエット目的や、血糖値の上昇を抑えたい場合は、食前が良いでしょう。

また、果物がブレンドされている野菜ジュースの場合は、美容面で飲むタイミングに注意した方がよい点があります。

いつ飲んでも問題はないのですが、野菜ジュースの効果をより高めるために、飲むタイミングも考えてみましょう。

朝食に飲む

朝の早い時間に飲むことで、代謝や血流をアップさせることが出来ます。特に、ダイエットをしているなら、この時間が一番です。

ただし、柑橘系の果物が入っている野菜ジュースの場合は注意が必要です。柑橘類には光毒性のあるソラレンという成分が含まれています。このソラレンには、紫外線を吸収しやすくする働きがあるので、朝飲むのは美容に良くありません。

柑橘類に多く含まれるものなので、野菜100%のジュースなら問題なしです。

食前に飲む

誰にでも当てはまる、野菜ジュースを飲むベストタイミングは食前です。

先にサラダを食べると、血糖値が上がりにくくなる。という話しは有名ですが、それを野菜ジュースでやるイメージです。タンパク質や炭水化物より先に、野菜を摂ることで、血糖値の上昇を抑制することが出来ます。

血糖値上昇のリスクとは

暴飲暴食や糖分の摂り過ぎなど、食生活の乱れによって、血糖値の乱高下を繰り返していると、インスリンの分泌が正常に行われなくなり、糖尿病になるリスクが高まります。

糖尿病は、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞や脂質異常症、高血圧などを併発する恐れのある病気です。血糖値は急上昇させないに越したことはありません。

また、血糖値の上がり方を緩やかにすることで、太りにくくもなります。野菜ジュースを食前に飲むのを習慣にしておくと良いでしょう。

その他オススメのタイミング

食前に飲むのが、最もベストですが、毎回飲めるわけでもないと思います。そんなときは、普段飲んでいる炭酸飲料や甘い飲料の替わりに飲んでみましょう。

毎日、コンビニでジュースやミルクティー。炭酸飲料を買っているなら、それを野菜ジュースにするだけでも、かなり健康的になります。

とはいえ、飲むタイミングは、かなり細かい部分なので、そこまで厳密に気にする必要はありません。ちゃんとした野菜ジュースを、1日1杯毎日継続することこそが大切です。飲むのを忘れないためにも、毎日決められた時間に飲んで習慣にしてしまいましょう。

タイミングを気にするよりも、ちゃんとした野菜ジュースを、1日1杯毎日継続することこそが大切です。

そして、飲み忘れを防ぐに、毎日決められた時間、タイミングに飲んで習慣にしてしまうと良いでしょう。