普段野菜をあまり食べないから、野菜ジュース飲みまくってるわー

えっと、野菜ジュースにもよりますが、飲み過ぎは悪影響あるかもしれませんよ。

なんで?たくさん飲んだ方が健康に良さそうじゃん。

製品によっては、糖分や塩分が含まれていますし、カロリーだって無視できません。特に、美味しくてグビグビ飲めるような野菜ジュースは、注意が必要です。

健康になれるからと思い、野菜ジュースを飲み過ぎてはいませんか?いくら身体に良い野菜ジュースでも、過剰に飲み過ぎるのはよくありません。

たくさん飲めば、それだけ効果もアップ!なんて思っている人は、その考えを改める必要があります。

野菜ジュースを飲み過ぎると、何故いけないのか見ていきましょう。特にペットボトルの大きいサイズのものを買っている人は要注意です。

カロリーオーバーになる可能性

野菜ジュースは体に良い栄養が含まれていますが、当然カロリーもあります。野菜が原料なので、カロリーが凄く高いというわけではありませんが、それでも100mlあたり30kcalぐらいは摂取することになります。

1日に200ml程度飲むだけであれば、大したことはありません。しかし、720mlペットボトルや、1リットルの紙パックのものを、水代わりにグビグビ飲んだらどうでしょうか?

何気なく水やお茶の代わりにしていると、いつの間にかトータルでは相当量のカロリーを摂取してしまっていたりします。飲み過ぎるとカロリーオーバーになってしまう可能性があるので、野菜ジュースは小容量の飲み切りサイズがおすすめです。

糖分や塩分に注意が必要

野菜ジュースの種類によっては、塩や砂糖の入っているものがあります。こういった野菜ジュースは、塩や砂糖が入っていないものに比べて美味しいため、飲み過ぎてしまう危険性があります。

しかも、糖分と塩分をたくさん摂ることになるので、健康に良い飲み物のはずなのに、健康を害してしまう可能性があります。糖分の過剰摂取は、肥満や糖尿病などを招く原因になりますし、塩分の過剰摂取は高血圧や動脈硬化の原因になります。

糖尿病や高血糖などで、塩分、糖分の摂取を控えるように言われている人は、無添加のものを選ぶのはもちろん。そうでなくても、健康を考えるなら塩分、糖分無添加の野菜ジュースを選ぶようにしましょう。

飲み過ぎってどのくらい?

野菜ジュースは基本的に200ml程度、コップ1杯が1日の摂取目安量となります。

目安が200mlなので、1日コップ1~2杯(200ml~400ml)程度であれば問題ないですが、1リットル以上になると、確実に飲み過ぎになるので注意するようにしましょう。

製品によっては、糖分や塩分が含まれていますし、カロリーだって無視できません。特に、美味しくてグビグビ飲めるような野菜ジュースは、注意が必要です。