健康のために野菜を積極的に食べていこうと思うんだけど、やっぱり緑黄色野菜の方がいいの?

うーん。確かに単純に栄養価を比較すると、緑黄色野菜の方が優れています。

でも、最近は淡色野菜の価値が見直されてきているので、どちらもバランスよく食べるのが理想です。

緑黄色野菜の方が、栄養が多い。濃い。というイメージだと思います。確かに、それは間違いではありません。

だけど、淡色野菜の栄養がスカスカというわけでもありません。淡色野菜には食物繊維が多いという特徴もあるので、結局はバランスの問題になります。

そもそも、緑黄色野菜と淡色野菜の違いって色だけなのでしょうか?どういう理由で2つに区別されているのか、詳しくは見ていきたいと思います。

緑黄色野菜

見た目の色合いが濃い野菜で、カロテンを多く含んでいるという特性があります。食べられる部分100g中にカロテンが600μg(マイクログラム)以上含まれているものが、緑黄色野菜とされています。

主に「ホウレンソウ・ニンジン・かぼちゃ」などにカロテンが多く含まれています。

ちなみに「トマト・ピーマン」も緑黄色野菜に分類されていますが、100g中に600μg以上のカロテンは含まれていません。しかし、食する回数が多いということや、摂取量が多いという理由で緑黄色野菜と位置付けられています。

カロテン以外には、ビタミン類・ミネラル類などが豊富に含まれています。栄養価が高いと言う野菜に対しても、緑黄色野菜に分類するという傾向にあります。

代表的な緑黄色野菜

あさつき、明日葉、アスパラガス、オクラ、カボチャ、クレソン、小松菜、さやいんげん、さやえんどう、ししとう、春菊、シソ、チンゲン菜、トマト、ニラ、ニンジン、にんにくの芽、バジル、パセリ、パプリカ、ピーマン、ブロッコリー、ホウレンソウ、三つ葉、モロヘイヤ、ルッコラ

淡色野菜

見た目は色合いが薄い野菜で、水分や食物繊維の量が緑黄色野菜よりも多いという特性があります。基本的に緑黄色野菜よりも栄養価は低い傾向にありますが、緑黄色野菜よりも量を食べやすく、食物繊維を多く摂取できるというメリットがあります。

基本的に緑黄色野菜ではない野菜の事を区別する為に、淡色野菜という名前を付けて呼んでいます。

代表的な淡色野菜

アルファルファ、赤玉ねぎ、カリフラワー、カブ、キャベツ、きゅうり、グリーンピース、ごぼう、ゴーヤ、生姜、ズッキーニ、セロリ、大根、もやし、玉ねぎ、トウモロコシ、長ネギ、なす、にんにく、白菜、みょうが、らっきょ、レタス、レンコン、わさび

淡色野菜の価値が見直されてきている

緑黄色野菜ばかり脚光を浴びてきましたが、近年淡色野菜の価値が見直されてきています。

それは、免疫力を高めるTNF-αという物質を産出してくれるからです。産出量の最も多い野菜はレタス。そして、白菜、小松菜と続きます。レタス、白菜は言うまでもなく淡色野菜です。

また、腸内環境の健康に対して、淡色野菜の持つ食物繊維が注目されているなど、単純に緑黄色野菜の方が栄養価が高いとは言えなくなってきています。

結局のところ、どちらかに偏るのではなく、緑黄色野菜と淡色野菜をバランス良く摂るのが一番ということですね。